環境づくりページトップ

2007年10月13日(土曜日)

日本認知症ケア学会大会でグループホームの環境づくりを発表

グループホームみんなの家(株式会社ウイズネット)は日本社会事業大学(下垣研究室+児玉研究室)との連携により、2004年より「入居者参加で進める環境づくり」に取り組んできた。2006年度の取り組み「どこにいっても私の居場所―俺の家・私のお家」では、ホーム全体が自分の家と感じられるような環境づくりに、入居者やご家族と作り上げていく態勢ができて、信頼関係や安心感が高まりました。ウイズネットみんなの家・宮前のスタッフにより日本認知症ケア学会大会(盛岡市)で報告されました。なお、2004年の取り組みは、施設環境づくりハンドブックPart2でみられます。

関連コンテンツ:実践ハンドブック

 

お知らせ・記事HOME|04年-05年記事|2008年記事

環境づくり.com 目次

☓閉じる

この目次パネルはキーボードの[F1]キーでも開閉できます。